代表挨拶

エネルギーを活かし、支える、力となる

再生可能エネルギーの市場は、国内外において益々拡大することが予測され、不安定な電源を補うために蓄電池の需要も高まりを見せています。

蓄電池には、リチウム電池や鉛電池など様々な特性の技術がありますが、「レドックスフロー電池」は、長く使え安全性が高く大型化にも適することから、今後の大型蓄電システムの構築に向けて期待が寄せられています。

当社は設立以来、レドックスフロー電池の中でも特に「バナジウムレドックスフロー電池」(電解液にバナジウムを利用)に着目し、その普及に向けて研究開発を進めてきました。

この技術を核として、電気を「貯めて」「効率的に使う」次世代エネルギーシステム構築を目指す電力貯蔵ビジネスを展開し、資源の有効活用や、エネルギー関連産業との連携を通じて、地域経済の活性化に貢献したいと考えております。

代表取締役 佐藤純一

将来の地域エネルギーネットワークイメージ

電気を「創り」「貯めて」「効率的に使う」次世代エネルギーシステム